ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

社員ブログ

社員インタビュー企画 Vol.18「届け!”漫画と仕事”への思い」– 緑和堂 主任:吉川 知秀さん

2021.7.7

エコリング社員インタビューvol.18

エコリング社員に好きなことを語ってもらうインタビュー企画の第18弾。 今回お話をお伺いするのは緑和堂で鑑定士をされている吉川知秀さんです。プライベートや仕事に対する取組みについてお話をお伺いしました。



プライベート時間の過ごし方

エコリング社員インタビューvol.18

あまり積極的に動く方ではないのですが、小さいころから漫画を読むのは好きでしたね。コロコロやボンボンから始まって、今もジャンプとサンデーは毎週購入して読んでますね。
マリオくんとか今も続いているのは驚きでしたね…終わるに終われないのでしょうかね笑 ジョジョの奇妙な冒険は週刊から月間に移行した後も見てますね。
色々漫画読んできて、その中でも印象に残っているのは『スラムダンク』『鋼の錬金術師』『ベルセルク』『進撃の巨人』などでしょうか。
話題に挙がることが多い『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』は、ブーム熱ほどでは無いかなぁと感じてます。雑誌でなく単行本で追ってる作品もいくつかありますね。
その流れでアニメも見る機会が多くて、よくネットフリックスを利用してアニメも見たりします。昔の作品を選ぶことが多いかもしれませんね。

よく食べるのはフルーツ類

食生活については外食は多いです。コロナ禍の影響でお店に行く、機会が少なくなってきてまして、最近ではコンビニ弁当だったりテイクアウトも利用する機会が増えてきてます。
嫌いな食べ物も特に無いのでなんでも美味しく食べれちゃいますね。逆に好きな食べ物は、やっぱりお肉でしょうか笑
後はフルーツは良く好んで食べていますね。よくコンビニでカットフルーツを購入することが多いです。
実家からお米と一緒にイチゴが送られてきてるので、それがとても嬉しいです笑実家は農家ではないのですが、両親の親戚から回ってくることが多くて毎度ありがたいと感じています。

お仕事内容

エコリング社員インタビューvol.18

現在、仕事は緑和堂にて日々出張鑑定や商品仕分けなどに勤しんでおります。
元々骨董関連に興味があった訳ではなく、前は販売企画部に所属していましたが、当時の部長からの指名で配属となりました。
そんな流れでしたので、初めは骨董関連についての知識は薄い状態でありました。
配属後は実務経験を通じて少しずつは理解を深めてきてるかなと思いますが、まだまだ勉強不足であるなぁと日々感じています。
昨年、エコリングがカンブリア宮殿で放送された際、緑和堂の名前が挙がったので、その縁でホームページからの問い合わせが増えてきたり、 同じ骨董業者の方々に声をかけていただく機会も増えたのに、メディアの力の強さを実感しました。

骨董品鑑定のあれこれ

なんでも鑑定団のように、実際の現場でも本物と偽物での値段はピンキリです。
直近で買取した綺麗な大皿があったのですが、それは〇〇万円くらい笑
しかし、高い一品になればなるほど偽物の数が増えまして、その偽物も売れるケースが実はあります。それは業者間のやり取りがほとんどで、買う側の自己責任となりますが、これは勉強代として考えてます。
逆に偽物とわかりつつも購入するケースもあり、人の損得の心理が働いてがまちまちなのかなと思います。
ちなみにこの目利きが優れている人は、それだけで生計を立てているらしいです。聞いた話だと1000万円で購入したのを5000万円で販売したりとか。いやぁ本当にすごい話です汗

お仕事に向けたこれから

エコリング社員インタビューvol.18

これからも鑑定士としてのスキルを高めるために、毎日勉強ですね! 仕事の影響からか骨董関連の作家・制作者に興味を持つことが増え、絵画や壺・漆器等々の美術館巡りが好きになりはじめています。 近所のもそうですけど、旅行先とか気になったところがあれば覗いてみたいです。 今はコロナ禍なので中々足を運べていませんが、今後の世の中の動きに合わせていこうと思います。



~筆者コメント~

投稿するためにお写真をいただいた時、漫画本の量がお話で伺ったイメージを大きく超えていてびっくりしました笑 見知った作品がいくつかあったので、今度またお話しできたら嬉しいです!その時はよろしくお願いします!

今後もエコリングのメンバーを紹介していきますのでお楽しみに!

コーヒーかす、そのまま捨ててませんか?便利な活用法をご紹介!

ツイートする ツイートする
TOP