エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

海外のトレンド

2019.1.26

プラ製ストローにおさらば!代替品とその選び方を伝授

2018年に世界の人々を驚かせた、プラ製ストロー廃止のニュース。このニュースは日本でも多くのメディアが報道したため、あなたも既にご存知かもしれませんね。プラ製ストローが本当に世界から消えてしまったら、飲食店やテイクアウト専門店などのドリンクを飲むときはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、プラ製ストローの代替品とその選び方をご紹介します。プラ製ストローの代替品は、様々な素材を使った物が続々と登場していますよ!さっそくチェックしていきましょう。

プラ製ストロー廃止についておさらい!

読者の中には、「プラ製ストロー廃止が話題になっているけど、どんな話なのか詳しく知らない…」という方もいるかもしれませんね。そこでまずは、プラ製ストロー廃止についておさらいしましょう。
プラ製ストロー廃止の発端は、アメリカのワシントン州で2018年7月1日に施行されたある条例。その条例は飲食店、およびテイクアウト専門店でプラ製のストローやフォークの使用を禁止するというものでした。そのような条例が施行された背景には、地球の海洋汚染問題が関係しています。海洋研究者の調べによると、海に流出するプラスチックごみは推定480万~1,270万トン。その中で、世界各地の浜辺に漂着したプラ製のストローは80億本以上にも上るそうです。このプラスチックごみによる海洋汚染を解決するべく施行されたのが、プラ製ストロー廃止の条例だったのです。
この条例を受けて、スターバックスはプラ製ストローを廃止して代替品を導入すると発表。日本でも、大手飲食店や有名ホテルなどが代替品を導入すると発表しました。

プラ製ストローの代替品はどんなもの?

今まで私たちが当たり前に使用してきたプラ製ストロー。そのプラ製ストローが消えてしまうとなると、少し困るという方もいるでしょう。そこで注目されているのが、プラ製ストローの代替品です!プラ製ストローの代替品には、以下のようなものがあります。

・紙製ストロー
日本でも昔からある紙製のストロー。デザイン性は高いですが、コスト面や耐久性の低さ、製造時に紙の粉が生じるなど問題点もあります。
・木製ストロー
木材を約0.15ミリの厚さに削り、ストロー状に巻き上げて作ったもの。紙ストローより頑丈で耐久性があります。木材は西日本豪雨で倒れた木や間伐材などを使用するため、環境に影響を与えません。
・ステンレス・アルミストロー
ステンレスやアルミでできたストロー。食器用洗剤で洗って繰り返し使用することができます。中には、折り畳み式タイプもあるようです。
・トウモロコシ由来のストロー(バイオマス)
トウモロコシを原料としているストロー。土の中にいる微生物によって水と二酸化炭素に分解されます。焼却した場合でも有害物質が発生しにくいため、環境にも優しいと言えるでしょう。
・パスタストロー
少し太めのパスタを使用したストロー。冷たいドリンクなら4時間程度中に入れていても大丈夫です。
・食べられるストロー
海藻をベースの食べられるストロー。ドリンクの中に24時間放置しても溶けない仕組みになっているようです。食べられるストローは、残念ながら日本への発送は行っていないようですが、様々な企業が代替品として使用すれば購入できるようになるかもしれません。

プラ製ストロー廃止をいち早く発表したスターバックスは、ストローなしで飲めるタイプのフタを代替品にするそう。日本大手飲食店のガストは、バイオマスのストローを代替品にすると発表しました。では、私たちはどのような基準でプラ製ストローの代替品を選べばいいのでしょうか。

プラ製ストローの代替品を選ぶポイントは?

海洋汚染を食い止めるために施行されたプラ製ストロー廃止条例。環境に配慮したストローやエコに繋がるストローを選ぶことで、プラ製ストロー廃止が意味を成すのではないでしょうか。
環境に配慮したストローやエコに繋がるストローかどうかを見極めるためには、ストローの耐久性や製造の仕方、繰り返し使用できるかなどをチェックするといいかもしれませんね。例えば、耐久性が低いストローの場合は、使用中にストローとして機能しなくなり、新しいものに取り換える必要が出てくる可能性があります。そのストローがパスタや植物由来のものなら環境に優しいかもしれませんが、廃棄してごみになる素材のストローなら環境に良くないのでおすすめできません。
先ほど紹介したストローには、まだ一般的に販売されていないものもあります。「今すぐプラ製ストローの代替品が欲しい!」という方におすすめなのは、ネット通販でも購入できるステンレス製やアルミ製のストロー。それらのストローは廃棄せず繰り返し使うことができるので、環境に優しくまたエコにも繋がるのではないでしょうか。

世界の大手飲食店が続々と廃止を表明しているプラ製ストロー。身近なプラ製ストローがなくなるのには大きな意味があります。世界中の海をプラスチックごみでこれ以上汚さないためにも、代替品を使うなどし、プラ製ストローの使用を控えていきましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング