今、国内でダイヤモンドの買取がトレンドです | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

国内のトレンド

今、国内でダイヤモンドの買取がトレンドです

ダイヤモンド買取1

日本では天然のダイヤモンドというのはほとんど産出されていません。そのため日本で売られているダイヤモンドは、ほとんどが海外から輸入したものとなります。海外から輸入されてきたダイヤモンドは、輸入商社から卸業者に渡り、宝石店や百貨店などの小売業者に渡ったのち、私たちの手に入ります。しかし最近の大きな国内でのトレンドとして、輸出量の増加と輸入量の減少が進んでいます。何故、ダイヤモンドが国外に輸出されているのか説明します。

日本のダイヤモンドが国外に輸出されている理由とは

ダイヤモンド買取2

日本のダイヤモンドの輸入は2000年の271万ct、1,289億円に対し、2005年には245万ct、1257億円、2008年は225万ct、806億円と2000年と比べて3割近くも減少しています。それに対して輸出は、輸出の際に書かれる品名が不正確なために正確な金額は把握されていませんが、2000年に10億円程の輸出額だったのに対し、2008年には200~350億円程のダイヤモンドが輸出されていると推測しています。特に大粒のダイヤモンドの流通が進んでおり、その背景には中国やインドの経済が好調な理由があると言われています。それと同時に、貴金属の価格の高騰によって2000年位から始まった「買取ブーム」により、国内で眠っていたダイヤモンドが再び市場に流通し始めたという点があります。それまでの日本はプラチナや金、ダイヤモンドといった貴金属を売却するという意識がありませんでしたが、貴金属の価格の高騰によって多くの業者が、新聞広告やチラシ、テレビCMなどで宣伝したことによって、プラチナ、金、ダイヤモンドを売却するという行為が広く認知されるようになり、その結果、各家庭で所有していたダイヤモンドが買取店を通じて国内で再流通したり、海外へ輸出されるというトレンドを生み出しました。この傾向は2010年以降も続いており、今後も長く続いていくであろうと考えられています。その理由には日本にストックされているダイヤモンドの量からも裏付けされています。ある調査では、1965年から現在までに日本に輸入されているダイヤモンドは約7500万ctにのぼるそうです。輸出によって海外への流出が本格化してきたのはここ数年くらいの話なので、今現在でも相当量のダイヤモンドが日本にはストックされていると推測されています。世界中のどこのダイヤモンド鉱山よりも多くのダイヤモンドが日本市場にはまだまだストックされているのです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする