質屋の進化系ともいえる今やトレンドの買取 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

国内のトレンド

質屋の進化系ともいえる今やトレンドの買取

国内トレンド・買取について1

日本の質屋は、鎌倉時代から始まっていたといわれ 貨幣経済が定着してきたころから一般的になってきたそうです。どの時代でも貨幣が安定しないときは、ダイレクトに庶民の生活に大影響します。そんなときに物をお金に変えることのできる質屋は絶大なお守り的存在であったのでしょう。徐々に金融業者の分業が進み銀行は、事業融資が中心となり無担保・無保証人で一般市民に融資をするという”団地金融”(サラ金の前身)という組織が方々で生まれ始めた為廃業する質屋が多くなったと言われています。日本の近年の質屋の業態は、何かしらの物品を担保に取り、流質期限までに弁済できない時に当該質物をもって弁済に充てるという条件で金銭を貸し付けるという事業を行っていました。しかし宝飾品、貴金属、”有名ブランド品”などの質流れ品を集め販売をするというイベントに毎回大勢の人が訪れることから貸付事業というよりも流通価値のある物品の買取、仕入、販売などが主流になっている業者がほとんどのようです。

国内トレンド・買取について2

買取の種類

現代では、もはや質屋に出向いてというよりトレンドにもなってきている買取方法には、店頭買取、出張買取、宅配買取があります。店頭買取は、直接お店に出向き物をしっかり査定をしてもらい、お店の人と直接交渉をして買いとってもらいます。出張買取は、買取が流行りだしたころに割と流行っていて家に買取の方が直接来てくれてその場ですぐに査定をしてくれます。宅配買取は、業者にまず電話かメールで申し込みをします。そうすると 無料で家に段ボールを届けてくれますので物品を入れて業者に送ります。業者は、届いた物を査定してお客に電話かメールで報告し納得し成立すれば現金を振り込んでくれます。

世代間でもトレンドである買取

時代が変われば・・・と言いますが、借金をするという形ではなく、使わなくなったものを売って金銭を手にするという形なのでいい意味で物を無駄にせずにすみます。このように特に若い世代の人たちは、何とかお小遣いを増やそうと努力をしているようでもあります。そして最近では、年齢問わず皆色々とリサイクルに対しての意識が変わり試行錯誤しているようです。これが現代の質屋の進化系買取に対するトレンドでもあります。大切に使えば売っても良し、あげても良し、後々の使い道も広がるということです。買い取ってもらいやすい物としてはやはり有名ブランド物、宝飾品、最近では、ドル・円の貴金属、バッグなどが主軸となり、古着、古本、日用品、鉄金属、いわゆるUSEDと言われるものは、少額ながらも現金で買い取りをしてもらえそうです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする