ロレックスの3大王道モデルとは。その人気の秘訣 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

ブランド品

ロレックスの3大王道モデルとは。その人気の秘訣

ロレックスの腕時計1

イギリスのロンドンで誕生し、スイスに移転を経て今ではスイスの腕時計メーカーとして名をはせているロレックス。数あるモデルのなかでも定番となっている3つのモデルをご紹介します。

エクスプローラー

ロレックスの腕時計を一躍有名にさせたのが、エクスプローラーです。1953年に世界初のエベレスト登頂のために、登山隊に提供した探検家のための時計。その年、ニュージーランドの探検家エドムンド・ヒラリー卿とチベット人テンジン・ノルゲイが、人類史上初めてエベレスト登頂に成功。エクスプローラーは一気に世界中で有名な腕時計になったのです。頑丈なオイスターケースに守られた文字盤は、ブラック文字盤に3,6,9のアラビア数字、12時位置の逆三角形マークが刻印され、秒単位でしっかりと時間が確認できるよう視認性を重視しています。夜光塗料には新素材のルミネッセンス・クロマライトを使用。11時間発光する優れものです。スポーツモデルでタフな構造を誇りながらも、スーツに合わせても違和感のない優れたデザインは、今もなお多くのファンを引き付けています。

サブマリーナ

ロレックスの腕時計2

1950年代、ロレックスは究極の防水時計を開発し、サブマリーナモデルを頻繁にモデルチェンジしながら発表しました。1960年代半ばにデイト付きのモデルが発表され、それ以降はデイト付きはクロノメーター、デイトがないものはノンクロノメーターと区別されるようになります。1980年代には防水性能が水深300mに。サブマリーナ誕生から50年経った2003年には、ベゼルにブランドカラーのグリーンを使ったモデルが発表されました。ダイビングに使用できる優れた防水性と、変わらぬスタイルでロレックスの王道モデルとして高い人気を誇っています。またサブマリーナモデルはデザイン性も充実していて、ボンドシリーズなどユーザーの遊び心も刺激してくれます。

デイトジャスト

デイトジャストが登場したのは1940年中頃のことです。それまでも日付を表示する機能はありましたが、3時の位置の小窓で日付を表示するというのは画期的なことだったのです。しかもデイトジャストの日付はゆっくりと変わるのではなく、夜12時に瞬時に切り替わるのが特徴。いつ見てもわかりやすいこのこだわりはロレックスならではと言えるでしょう。流行に左右されない美しさと機能を備え持つクラシックウォッチであるデイトジャストは、初期からのデザインを引き継ぎ続け、ロレックスのなかでも圧倒的な知名度を誇っています。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする