ブランドバッグの代表格、エルメスのメンテナンス法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ブランドバッグの代表格、エルメスのメンテナンス法

エルメスバッグ

女性の憧れエルメスのバッグは一生もの。そのバッグを長く愛するためにも、日ごろのお手入れ方法をご紹介いたします。

日本の気候変化は天敵。梅雨の時期は要注意。

皮革製品の多いエルメスのバッグですが、大切にしすぎるあまりクローゼットにしまい込んでいませんか?それはバッグを傷ませる大きな要因です。長い期間湿度が高く、蒸しっぽくなる梅雨時期はクローゼット内部も湿度が上がっています。その中に保管されているバッグは外側よりも内側が傷みやすく、べたつきが出てきてしまいます。これを防ぐためには、まずティッシュペーパーや新聞紙を丸めて入れて高いところで保管しましょう。さらには、乾燥材をいれておくと効果が期待できます。乾燥材は100円ショップなどでも購入できますので、一度試してみると良いでしょう。そしてバッグに付いた手垢、油などの汚れからカビに繋がります。適度に内側を柔らかい毛のブラシを使ってブラッシングをするようにしましょう。

本格的なメンテナンスグッズ

ハイブランドのバッグである以上、メンテナンスもしっかりと行うことが大事です。ここでは、おすすめのメンテナンスグッズをご紹介します。まず、初期の段階で防水効果を持たせるスプレーをしましょう。素材によっては水濡れに強いものがありますが、デリケートな素材の場合は数年後に染みとなって浮き出てくるものもあります。それを防ぐためにもまずは防水ケアを施しましょう。バッグの表面に色剥げなどが見られた場合には、補色をしましょう。クリームを塗りこみ乾いたら、綺麗なグロスで乾拭きをしっかり行いましょう。この作業を怠ると、色ムラとなってしまいますので、全体をしっかり拭くことを忘れないでください。最後に艶出しの作業を行います。艶出しのグローブなどを使い、全体を磨きます。艶が出て柔らかな質感を出すことができます。

定期的なメンテナンスで一生ものに育てる

エルメス

世界的にもファンが多いエルメスのバッグ。それゆえ、お目当てのバッグに出会えることも難しいと言われています。ブランドバッグの中でも高級品に位置するものだからこそ、常に輝きを持たせたいものです。皮革製品は自分の手でメンテナンスを行いながら使い込むことで艶が増し、味が出て更に愛着がわきます。ホコリや黒ずみはバッグの寿命を縮めてしまう原因とも言われています。中でもバッグのハンドル部分は一番手に触れるため、劣化やしやすい部分ですので、スカーフを巻くなど保護をする工夫をしてみることも大切です。そして使用後は必ず柔らかい布で汚れを落とし、中はブラッシングをかけるだけでも心がけることで、美しさを保っていけます。状況に応じたお手入れをすることで、何年も何十年も使い続けていけます。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする