価値を保つ、ロレックスの正しい日常のお手入れ方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

価値を保つ、ロレックスの正しい日常のお手入れ方法

ロレックス

世界中の人々を魅了し続けるロレックス。一生ものの宝物だから、メンテナンスをきちんとしておきたいものです。

使ったあとは必ずお手入れを

あなたの大切なロレックスは汚れていませんか。腕時計を一日使うと必ず汚れがつきます。特に汗や皮脂は金属にとって大敵です。汚れがついたままで放っておくことを繰り返していると、せっかくの上質な腕時計でも美しい輝きが失われてしまいます。美しさと価値を保ち、長く愛用するためには日々のお手入れを欠かさず行いたいものです。一方で、毎日丁寧なお手入れをしていても、方法を間違っていると傷をつけてしまうことになりかねません。丈夫で耐久性に優れるといわれるロレックスですが、精密で繊細な腕時計であることにも違いはありません。傷が入ったロレックスは価値が下がり、買取に出すときも高値では引き取ってもらえません。毎日使ったあとにお手入れをすること、正しいお手入れ方法を知っておくこと、両方が大切なのです。

お手入れ方法と必要なアイテム

お手入れの基本はまず、汚れを拭き取ることです。タオルや固い布で拭くと傷になりますので、必ず柔らかい布でから拭きしてください。専用クロスやセーム革を使います。セーム革は貴金属や高級腕時計のメンテナンスにプロも使用しているもので、市販で入手できます。まず、クロスやセーム革で風防を軽く円を描くように拭きます。そうすると跡が残りにくくなります。それから、直接肌に触れる裏蓋やブレス、ブレスとケースのすき間など汚れがたまりやすい場所を丁寧に拭きとります。このときに水分や皮脂をしっかり落としておくことが大切です。毎日のお手入れはこれだけでも良いですが、さらに細かい部分などに汚れが気になる場合は、歯ブラシや綿棒、つまようじを使って汚れを落とします。

保管場所にも注意をはらう

ロレックス

子や孫にも受け継いでいけるほど耐久性が高いといわれるロレックスではあるものの、やはり精密機械ですので保管場所には気をつける必要があります。他の時計と同様、磁気製品のそばに置くのは禁物です。磁気を発する可能性のあるテレビやスピーカー、パソコンは、ムーブメントを狂わせる原因になります。また、水分や振動、衝撃も避けたいものです。湿気の多い洗面所や落としやすいタンスの上などには置かないようにしましょう。防虫剤に使われる樟脳も文字盤を変色させることがあります。タンスやクローゼットにしまう際は注意が必要です。また、長期間使わず保管する際は、定期的にチェックをしたほうが良いでしょう。精密機械は使わないで置いておくと動かなくなることがあります。大切なロレックスですから、日々のお手入れと保管に注意を払って長く愛用したいものです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする