ヴィトンのブランドバッグ日常のお手入れ方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ヴィトンのブランドバッグ日常のお手入れ方法

ヴィトンのブランドバッグを長く使うためにはどのような場所に保管をすれば良いかや、日常のお手入れ方法などをご紹介します。

日常のお手入れ・ヴィトン1

ヴィトンのブランドバッグにおすすめの保管場所

ヴィトンのブランドバッグは上質なヌメ革が使われているのが特徴です。革は直射日光や高温に弱いため、直接太陽の光が差すような窓側などに保管しないようにしましょう。また、高温になると接着剤が溶けてしまうことがあります。密閉された2階のクローゼットなどはかなり高温になることがあるため、そのような場所には置かないことが大切です。ヴィトンのブランドバッグは、ヨーロッパの気候に合わせて製造されています。日本のように高温多湿の気候向きではないことを知っておきましょう。ヴィトンのブランドバッグを保管する場合は、鞄のまわりに空気の通り道をつくることが大切です。保管場所としては、棚の上など通気性の良い場所がおすすめです。ただ、ほこりよけのないタイプの棚は、ほこりやゴミがヴィトンのブランドバッグに付着しやすくなるため、スチールシェルフなどに保管すると良いでしょう。保管をするときは、鞄の中に乾燥剤を入れておくことをおすすめします。乾燥剤は無臭のものを選び、ヴィトンのブランドバッグに臭いがつかないようにすることが大切です。注意点は、防虫剤を入れないようにすることです。防虫剤は臭いがヴィトンのブランドバッグに付いてしまう恐れがあります。また、防虫剤は揮発する恐れがあるため、ヴィトンのブランドバッグを悪くさせる可能性があります。防虫剤を使わずに保管するようにしましょう。

日常のお手入れ・ヴィトン2

ヴィトンのブランドバッグの日常のお手入れ方法

ヴィトンのブランドバッグを長く使うためには、毎日のお手入れが大切です。ヴィトンのブランドバッグには、様々な素材があるため、素材別に毎日のお手入れ方法をご紹介しましょう。まず、モノグラム・ダミエからです。モノグラム・ダミエのヴィトンのブランドバッグは、キャンバス地に特別な合成樹脂をコーティングして製造されています。このキャンバス地には、ポリ塩化ビニルが使われているのが特徴です。使った後は革の部分の汚れをきれいな布で拭くことが大切です。ヌメ革の部分は、水に濡れてしまうとシミになってしまう可能性があるため、なるべく雨の日は使用を控えた方が良いです。もしも、水に濡れてしまった場合は、きれいな布で乾拭きをした後に陰干しをするようにしましょう。モノグラムヴェルニのお手入れですが、表面がエナメル加工となっているため、金属などの固いもので強くひっかくとキズがついてしまいます。日常で使う時は、指輪や鍵などでキズをつけないようにしましょう。素材はエナメルなのですが、雨によってシミになることがあります。そして、ジーンズなどの色の濃い染めた衣服が長時間つくことによって色移りをする可能性があるため気を付けましょう。普段のお手入れは、柔らかい布でやさしく拭くようにしてください。モノグラムミニ・モノグラムサテンは、コットンジャガード素材で、折り目にホコリやゴミが付着しやすいため、使った後はやわらかなブラシでホコリを落としましょう。もし、液体をこぼしてしまったら、固く絞った布で叩くようにして汚れをとるようにしましょう。もしもシミになるようなことがあれば、プロにお願いした方が良いです。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする