ヴィトンの腕時計を長く使うための日頃のお手入れ方法 | ブランド品の買取ならエコリング

エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

ヴィトンの腕時計を長く使うための日頃のお手入れ方法

大切なヴィトンの腕時計は長く使い続けていきたいと思いますよね。ヴィトンの腕時計の日常のお手入れ方法をご紹介します。

日常のお手入れ・ヴィトン・腕時計1

大切なヴィトンの腕時計のお手入れ【フェイス部分】

ヴィトンの腕時計を長く使い続けるためには、日常のお手入れが大切です。腕時計のフェイス部分の裏側は、着けている時には常に肌に密着しており汗や汚れなどが付きやすいため、外した後に毎回お手入れをすることが必要です。まず、フェイス部分の裏側をきれいなやわらかい布で拭きます。ヴィトンの腕時計を付けた後に毎回ケアをすることによって、腕時計の寿命が違ってくるため必ず行いましょう。汚れがひどいからといって、アルコールなどの化学薬品をつけて洗うことは腕時計が壊れる原因となるため避けましょう。汚れがひどくて布で拭くだけでは落ちそうにない場合は、ヴィトンを購入したお店で相談をするか、時計のクリーニング店などの専門の技術者に任せましょう。ヴィトンの腕時計のリューズの部分は、時々回して錆びつくことを防ぐようにしましょう。

日常のお手入れ・ヴィトン・腕時計2

大切なヴィトンの腕時計のお手入れ【皮革ベルト】

ヴィトンの皮革ベルトの腕時計を長く使い続けるためには、使った後にお手入れをすることが大切です。特に皮革ベルトの場合は、汗で変色をしてしまったり、日光で焼けてしまうことが多いです。ヴィトンのレディースの腕時計の皮革ベルトは、白やうすピンクなどの薄い色のベルトが多いですが、そのような場合は特に汚れが目立ちやすくなります。汗をかいた時には、腕時計のベルトの内側部分をやわらかい布で拭くようにしましょう。ヴィトンの皮革ベルトの腕時計は雨に弱く、雨に濡れて湿ったままの状態が続くと、腕時計にシミができてしまうことがあります。雨に濡れた場合は吸水性が良いタオルで拭き取りましょう。タオルや布で拭き取った後には、風通しの良い場所に保管してください。高温になる場所は皮革が変形をしたり、変色をしてしまうため避けてください。

大切なヴィトンの腕時計のお手入れ【金属ベルト】

ヴィトンの腕時計の金属ベルトのお手入れ方法をご紹介しましょう。金属ベルトの場合も、皮革ベルトと同じように使用後は、ベルトをやわらかい布で拭いてお手入れをします。肌と密着をしている部分は特に、汗や汚れが付着しやすく、そのままにしておくとさびてしまったり、手が被れてしまう恐れがあります。また、服の変色にもつながるため、ヴィトンの金属ベルトの腕時計を外した後は、毎回必ず拭くようにしましょう。万が一雨に濡れてしまったり、水がかかってしまった場合は、吸水性の良いタオルで水分を拭き取ります。また、金属ベルトには隙間があるため、毛のやわらかい歯ブラシでかるく落として掃除をしましょう。ただ、表面に傷がつく可能性があるため、見えにくい部分でテストをしてから行いましょう。金属ベルト部分を洗う場合、腕時計のフェイス部分に水が入らないようにすることが大切です。水洗いをした後は水分を残さないようにやわらかい布で拭いてください。そして通気性の良い場所でしっかりと乾かすようにしましょう。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする