エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

お手入れ・保管

2019.3.23

何度か使用OK!花粉症持ち必見の『洗えるマスク』とは?

花粉が飛散する春になると、花粉症持ちなら「マスクを毎日使用する」という人も多いのではないでしょうか。筆者もひどい花粉症持ち。毎年春になると、毎日使い捨てマスクを消費していました。そこで気になるのが使用済みマスクのゴミ。これを減らすために、今年は何度か使用できる「洗えるマスク」を導入しました!筆者が洗うタイプのマスクを使うのは初めて。環境に優しいとされるこのマスクを使用するメリットや、使用感についてみなさまにお伝えします。

洗えるマスクって?

「洗えるマスク」をご存知でしょうか。使い捨てのマスクと大きく異なるのは、「洗うと何度か繰り返し使用できる」という点です。使い捨てマスクは不織布製のものがほとんどで、安価で購入できますが、使用できるのは一度きり。花粉症持ちの人だと、1日1つの使い捨てマスクを使用する毎日を過ごしているのではないでしょうか。
一方、洗えるマスクだと洗うことで何回か繰り返し使えます。何度繰り返し使えるのかは商品によって異なり、少ないもので「3回使用OK」、多いと「布が破けるまで使用OK」というものもありました。誤った使用方法をすると、洗えるマスクも傷んで本来の回数分使用できなくなります。また、衛生面で不安が残るため、メーカーの定める使用回数は守らなくてはなりません。
洗えるマスクの素材はシリコン製から布製まで、さまざま。筆者は花粉症持ちで毎日マスクを使用するため、毎回ゴミが出る点がかなり気になっていました。そこで、ふんわりとした肌さわりのオーガニックコットン製マスクの購入を決定。この商品は、半永久的にマスクの効果が持続するため、しっかり洗って衛生的に保つと長く使えるマスクです。このマスクの使用感を、次にお話しましょう。

洗えるマスクを使ってみた!どんな感じ?

ゴミが出ない環境に優しい「洗えるマスク」。その使用感をポイントにして、解説します。

かなり外気からガードされている感じがある
不織布製の使い捨てマスクと異なり、ガーゼ素材のマスクなので見た目の厚みもあり、実際の使用感も同様に厚みをかなり感じます。外気からしっかりガードされている感覚はありますが、最初の頃「息苦しい…」と思うこともしばしばでした。
ですが、オーガニックコットン製のやわらかな肌心地や肌さわりがお気に入りで、しばらくすると慣れていきます。筆者の場合は、使用から2週間後には違和感なく使用できるようになりました。2週間毎日洗って、いい感じに「くたっ」としたことも、使用感が向上したひとつの理由でしょう。花粉症の時期には敏感になる鼻先にも優しく、とてもお気に入りです。
見た目が派手とは感じない
洗えるマスクを購入するまで、「他の人のマスクと違うから目立たないかな」「変に注目されたらいやだな」と不安に思っていました。一般的にはマスクは使い捨ての不織布製のものが普通。春は花粉のピークシーズンだからでしょうか。街中ではマスクをした人をたくさん見つけますが、ほとんどが使い捨てのものだと思います。
けれども、筆者はシンプルなデザインのマスク、かつ色は落ち着いたアイボリーを選びました。見かけは使い捨てマスクとそう大差ないので、見た目的にも派手とは感じません。使い捨てマスクとの見た目の差を気にしている人は、ぜひ参考にしてくださいね。
洗濯乾燥機は使用不可
筆者の購入した洗えるマスクは、洗濯乾燥機(タンブラー乾燥機)の使用ができません。また、表面は薄く色が入っているデザインですが、これは草木染めで着色したものだそう。色落ちしてしまうので直射日光も避けて乾燥させなければならず、ベランダに干すこともしていません。そこで、夜の間に手洗いで洗えるマスクの汚れをきれいに落とし、家族みんなの入浴後に浴室に干して乾燥させています。
お手入れが若干手間になるのがネックですが、これ以外に洗えるマスクのデメリットは今のところ感じていません。

洗えるマスク、コスパ面を考えてみた

洗えるマスクにしてから、毎日出していた使い捨てマスクというゴミが一つ減り、なんだか心身面では楽になりました。環境に優しいことをしている、と意識が働くだけで、この洗えるマスクを続けていこうという気持ちになれます。
では、実際のコスパ面はというと、

これまでの使い捨てマスクは60枚入り/629円で1日約10円
ほどかかっていました。
今使用している洗えるマスクは1,728円。しかし、何度も使用できるタイプなので約1年間は連続して使えそうです。1年間毎日10円使用し続けるものと比較すれば、低コストなのはどちらか、歴然の差ですよね。そして毎日のゴミが出なくなるということを考えれば、筆者には洗えるマスクが今の生活に合っていると感じました。

メディアで取り上げられることも多い、繰り返し使える「洗えるマスク」。エコロジーに注目が集まる今、ぜひ始めたい“身近なエコ”です。毎日マスクを使用している人は、使い捨てマスクから洗えるマスクに変えてみませんか?この記事の使用感を参考に、ぜひ検討してみてくださいね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング