ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活

サブスク利用はどんな人に向いている?おすすめのアイテムとは?

2021.6.25

おうち時間が増え、動画や音楽配信をはじめ、さまざまなサブスクリプションが増えています。そんなサブスクには、家電や家具など生活に必要なアイテムのレンタルサービスも。今回の記事では、サブスクにおすすめのアイテムと、どんな人に向いているかを紹介します。サブスクやレンタルの1番のメリットは、初期費用を大きく抑えられること。ライフスタイルの変化に応じて、柔軟に利用していきましょう。

【シーズン家電】収納スペースがない人におすすめ!

「自宅の収納スペースに限りがある」「1シーズンしか使用しないかも」という人におすすめなのは、シーズン家電のサブスクサービス。エアコンやスポットクーラー、ヒーターなど、決まった時期にしか使わない家電も、サブスクなら高額な初期費用や収納場所を考えず、気軽に試せます。

「購入するには高額で手が届かない」といったアイテムもリーズナブルな価格で使用できるのが魅力。最低利用期間が過ぎたら、返却できるのもうれしいポイントです。使わなくなったときに、捨てるのが大変で部屋の隅に置きっぱなしになったということも防げます。また、サブスクを利用している期間内なら、通常利用の範囲内で故障が発生した場合、基本的には費用がかからず交換してくれるのもうれしいポイント。シーズン家電の購入を迷っている人は、ぜひサブスクを検討してみてくださいね。

<おすすめサブスク>
・Rentio(レンティオ)
https://www.rentio.jp/

・かして!どっとこむ
https://www.kasite.com/

【家具】単身赴任や転勤族におすすめ!

単身赴任や転勤族におすすめなのが、家具のサブスクリプション。大きくて重たい家具は、一度購入してしまうと処分に困るものも多いですよね。また、引っ越しが多い場合でも、家具は間取りや部屋の広さに合わせて選びたいもの。家具のサブスクサービスなら、ライフスタイルに合わせて、お得にレンタルできるのが魅力です。

「仮住まいなので購入はちょっと……」という人には、セットでレンタルできるパーケッジプランなどもあります。購入するより、リーズナブルで、不要になればそのまま返却できるのもうれしいポイント。引っ越し代や処分の際の手数料なども抑えることができます。また、おうち時間が増えた今、「家具を変えて気分転換したい」「模様替えをしたい」という人にもおすすめ。レンタルした家具を気に入ったら、そのまま購入することが可能なサブスクサービスもありますよ。

<おすすめサブスク>
・サブスクライフ
https://subsclife.com/

・CLAS(クラス)
https://clas.style/

【電動自転車】子育て中のパパやママにおすすめ!

「子どもの保育園・幼稚園への送り迎えに、電動アシスト自転車を購入しようか悩んでいる」という人もいるのではないでしょうか。ただ、電動アシスト自転車を購入するとなると、10万円以上と高額な初期費用がかかりますよね。高額なお金をかけて購入しても、使用する期間は、3年~4年くらいと限られています。また、生活環境の変化で乗らなくなったりすることも。

そんな育児中のパパやママにおすすめなのが、電動自転車のサブスクリプション。電動自転車のサブスクサービスの中には、定期メンテナンスをしてくれたり、子どもの成長に合わせて前乗せから後ろ乗せなど、乗り換えができたりするものもあります。乗らなくなったときや、置き場に困ったときに返却できるのもうれしいポイントです。電動アシスト自転車の購入を迷っている人は、ぜひサブスクを検討してみてください。

<おすすめサブスク>
・MBR -Moms Bike Rental-
https://www.mbr.style/fs/mbrstyle/c/rental

・cycloop(サイクループ)
https://cycloop.jp/

まとめ

サブスクにおすすめのアイテムと、どんな人に向いているかを紹介しました。さまざまなサブスクサービスが展開される現在、レンタルサブスクはリーズナブルで、環境にもやさしいサービスといえるでしょう。購入してしまうと、使わなくなったときに処分する手間やコストがかかります。
しかし、サブスクを利用すれば返却するだけなのも、うれしいポイント。ライフスタイルの変化に合わせて、柔軟に使うものを変えられることも魅力です。ぜひ、購入に迷っているものがある場合は、サブスクリプションを検討してみてくださいね。

記事を作成・監修したマイスター

shipi

FP技能検定3級、整理収納アドバイザー2級

shipi

働く車が大好きな2歳の男の子を育てる転勤族ママです。趣味は、カフェ巡りや旅行など。お家時間が増えた最近、整理収納アドバイザーの資格を取りました。

子どもの教育費を貯めよう!お金をかけなくても教育はできる!?

ツイートする ツイートする
TOP