エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

社員ブログ

2019.9.12

社員ボランティア紹介 vol.08

エコリングでは社員のボランティアを積極的に応援しています。
お客様から買い取った商品を、海外に寄付するなどの活動を行っているエコリングにとって、
社員一人ひとりが社会貢献の意識を持って活動することは非常に意味のあることです。
そんな思いから社員がボランティアする際に、会社をお休みできる制度も作りました。

社員が地域でのボランティア活動を行うことで、色々な体験をし、様々な人と関わり、人として成長してほしい。
社員の成長が、お客様へのサービス充実や今後の会社としての社会貢献活動充実に繋がると考えています。

エコリング社員たちが今まで行ってきたボランティア活動を一部ご紹介したいと思います!

花火大会清掃ボランティア

花火大会の会場内の指定された場所で落ちているゴミを時間内に拾い集める作業ボランティアでした。会社内での呼びかけもあり、総勢約20名で活動参加させていただきました。うちわ・ペットボトル・お酒・弁当という祭りならではのゴミが大量に廃棄されており、わずか20分もしないうちに90Lほどのポリ袋がはち切れそうなほど。エコロジーに対する意識を改善してしていく必要性を強く感じました。

花火大会清掃ボランティア

花火大会清掃ボランティア

花火大会清掃ボランティア

活動を通して、様々なゴミが散乱している様子を実際に見て、多くの人が集まる場所にこそ、ゴミの分別や廃棄場所などを来場される方に意識して頂き、来場者のモラルを向上させることが重要だと感じました。

花火大会当日にも救護班として途中参加させて頂き、自身では2名の方を担架で運ぶ経験をしました。人命の大切さと、最悪の事を事前準備しておく事の重要性を強く感じる経験でした。会社スタッフもいたことで、体感の意見交換や様々な想いを聞く事も出来、プライベートでも経験を活かしていけるよう、行動していこうと思いました。
裏舞台で動いている運営されている方々や沢山のボランティアの大切さを学ぶことができました。普段の仕事においても、お客様や働く仲間にまだまだ役に立てることがありますので、ボランティア活動で得た体験や気持ちを、仕事でも活かしていきたいと思います。
ごみ拾い以外でも、花火大会の準備・当日の動き・撤回作業・人数調整等、様々な所で動いて頂いている方々がいて成り立っているのだと実感して感謝の気持ちが芽生えました。ボランティアでは、普段の自分の生活では体験できない事が経験できる非常に良い機会になると思ったので、今後も参加及び推進していきたいと感じました。
有料席である納涼船のお客様方へのお弁当を配布する活動をしました。花火を見ることを楽しみにされているお客様方の対応ということもあり、全体的に笑顔に溢れたボランティアでした。

絵本貸出のお手伝いと読み聞かせボランティア

社員1名が保育園内の本の貸し出し業務と絵本の読み聞かせボランティアに行ってきました。図書室の準備・貸出・読み聞かせ・後片付けという順番で行います。園児の学年に合った季節感のある絵本を選び、ラックにおすすめの本としてディスプレイしたり、前回借りた本を返却しているかのチェック、貸出カードを担任の先生にお渡しするなどの活動です。

絵本貸出のお手伝いと読み聞かせボランティア

どれを借りるか悩んでいる子に声かけを行ったり、早く貸出が終わって待っている子に絵本を読んであげたりしたのですが、どの子もかわいらしく楽しく活動ができました。 今回初めて図書室のボランティアに参加してみて、子供たちが毎日安全に楽しく過ごせているのは当たり前ではなく、先生方・役員さん・ボランティアの方々のお蔭で成り立っているのだと有難さを身に染みて実感できました。

特定非営利活動法人での活動補助ボランティア

社員1名が福島県の特定非営利活動法人で水運び、食品の袋詰め、子供たちのお世話等のボランティア活動をしてきました。東日本大震災で被害に遭われた方への支援になります。配布するドリンクを台車に移動させたり、水やジュースのペットボトル等をダンボールで配布するお手伝いをしました。約100人の方が代わる代わる車で受け取りに来られ、人の温かみを実感できる活動内容でした。

特定非営利活動法人での活動補助ボランティア

東日本大震災で被害に遭われた方と関わる機会の多いボランティアでした。皆さん口には出さないですが様々なことで悩んでいると代表の方が教えて下さいました。復興は進んでいますが、ゴールはないのだと思います。全てのことは当たり前ではなく、今こうして働けたり、ごはんを食べられたりすることに感謝の気持ちを忘れてはいけないなと感じました。現地に行ったからこそ分かることがたくさんあり、直接行くことが大事なのだと改めて感じました。

NPO法人開催のワークショップ補助ボランティア

NPO法が定期開催しているワークショップの準備をお手伝いするボランティアでした。心の健康に関するワークショップということで新米カウンセラーの相談者役も務めました。

参加者がワークショップ成功にむけて取り組むため、同じ目標・目的をもって取り組むことは物事を進める中で大切なことだと改めて実感しました。実際のワークショップも新人カウンセラーさんの相談役になることでカウンセリングに対する理解深まり、勉強になりました。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング