ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

エコな生活
エコな生活

夏に需要大の虫よけは成分をチェック!アウトドアスプレーも紹介

2021.7.26

格的な夏が到来し、キャンプやBBQなど夏のレジャーに向けて虫よけアイテムの導入を検討している方も増えているのではないでしょうか。今回は知っているようであまり知られていない、ディートやイカリジンといった虫よけ成分について解説し、虫よけアイテムの選び方のポイントをご紹介していきます。天然由来成分を好む方へおすすめのアウトドアスプレーもピックアップしました。夏のレジャーへ出かける前にぜひチェックしてみてください。

虫よけ成分ってなに?ディート&イカリジンを解説

肌につける虫よけアイテムの成分に注目したことはありますか?ドラッグストアなどで販売されている多くの虫よけにはディートまたはイカリジンといった成分が含まれています。どのような成分なのか解説していきましょう!

・ディートは日本国内で初めて承認された虫よけ
まずご紹介するのは「ディート」です。ディートは日本国内で初めて承認された虫よけ成分で、その歴史は50年以上。蚊を代表とする吸血害虫は人間や動物の発する炭酸ガス、匂いや温度、湿度などから吸血源を感知しますが、その感知能力を撹乱させるのがディートの特徴です。蚊やブヨ、マダニ、ノミ、ヤマビルなどさまざまな虫に対しての虫よけ効果が長時間続くメリットがあり、世界中で使用されています。ディートの濃度が高いアイテムのほうが低いアイテムより持続性は高いですが、虫よけ効果には違いはないのだそう。ディートの濃度が12%以上の商品は医薬品、10%以下の製品は医薬部外品となります。

日本では以前はディート濃度12%が上限でしたが、2016年秋に30%まで上限が引き上げられました。ですが、ディート濃度30%の虫よけは12歳未満では使用不可となっています。12歳未満の子どもの場合、ディート濃度の低いアイテムを使用しましょう。
ディートが含まれた虫よけは6か月以上の赤ちゃんから使用が可能ですが、年齢により回数制限あるので注意が必要です。

・イカリジンは2015年日本で承認された比較的新しい成分
もうひとつ、虫よけの代表的な成分としておさえておきたいのが「イカリジン」です。ディートと同じように虫の感知能力を撹乱させて吸血行動を阻止する成分で、蚊、ブユ、アブとマダニのみに効果を発揮します。日本で承認されたのは2015年。年齢制限や使用回数の制限がない成分ですが、効果を発揮する虫の種類はディートのほうが多いのが特徴です。

キャンプや森の中の散策にはディート配合、公園遊びはイカリジン配合の虫よけを選ぶなど、シーンによって使い分けると良いでしょう。

小さな子どもやペットが心配な人は天然成分由来のアイテムを選ぶのもアリ

ディートやイカリジンは確かな虫よけ効果が魅力ですが、化学成分はちょっと…と考える人や、赤ちゃんやペットが家庭にいるからできるだけ体に優しい成分の虫よけを選択したい、という人もいるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、アウトドアスプレーです。アウトドアスプレーは虫が嫌うハーブなどを配合したスプレーで、天然由来成分やオーガニック成分にこだわっているものが数多くあります。製造方法や成分にこだわった環境負荷の低いアイテムを購入することで、地球にやさしい選択ができるという点もメリットです。

赤ちゃんもOKなアウトドアスプレーからおすすめ3つをご紹介

最後に、赤ちゃんも使える天然由来成分配合のアウトドアスプレーのなかからおすすめを3つご紹介します。

・ALOBABY アウトドアスプレー
国産オーガニックベビースキンケアブランド『ALOBABY(アロベビー)』の「アウトドアスプレー」は99%以上が天然由来成分のミストタイプのオーガニックスプレー。ディート不使用なので、生後0か月の新生児から使用可能です。

・Natural Island 森の肌守り。
北海道の素材に注目したブランド『Natural Island(ナチュラルアイランド)』の「森の肌守り。」は北海道の和ハッカから生まれた虫よけミスト。8種のアロマがブレンドされていてやさしい香りが特徴です。1歳未満の子どもが使用する場合は直肌へつけず、洋服や帽子などにスプレーして使用がおすすめされています。

・erbaviva チルドレン アウトドア スプレー
オーガニックスキンケアブランド『erbaviva(エルバビーバ)』の「チルドレン アウトドア スプレー」はアロエベラ液汁やシトロネロール、レモンユーカリ、レモングラスなどが配合されたボディスプレー。6か月未満の子どもへの使用は医師へ相談しましょう。

肌へのやさしさや香りにこだわりたい方は、ぜひこれらのアイテムをチェックしてみてくださいね。

まとめ

虫よけを購入する際に成分表示を確認している人は多くないかもしれませんが、虫よけは肌に直接つけるものがほとんど。どのような成分が含まれているのか購入前にチェックしてみましょう。確かな効果を求める人はディート配合の虫よけを、刺激を避けたい人はイカリジン配合の虫よけや、天然由来成分配合のアウトドアスプレーを選ぶのがおすすめです。

記事を作成・監修したマイスター

kimmy

ISO14001内部監査員資格、高等学校教諭一種免許状(保健体育)

kimmy

ミニマルライフに憧れている転勤族ママです。常日頃から時間を見つけては断捨離に勤しんでいます!最近はサスティナビリティというワードが気になっています。

若い世代でも始める人が増加中!生前整理を始めてみよう

ツイートする ツイートする
TOP