ブランド品の感動買取ならエコリング

Column

暮らしの豆知識
暮らしの豆知識

家中のものを断捨離する方法とは?得られる効果やメリットも解説

断捨離
2023.7.28

家中にあるものを断捨離することで、得られる効果やメリットがあるのをご存知ですか?断捨離は家がキレイに片付くだけでなく、自分自身に働くプラスの影響も多くあります。 この記事では、家中の断捨離を行う際の手順や得られる不思議な効果、メリット、断捨離したものの処分方法などについて詳しくご紹介。「家中のものを断捨離したい!」という方必見です。この機会に部屋をスッキリさせて、新しい生活を始めてみましょう。

INDEX

断捨離すると不思議な効果やメリットを得られる

断捨離は、家や部屋の中が片付いてキレイになる以外にも、さまざまな効果やメリットを得られます。ここでは、断捨離をすることで得られる効果のすごい点やメリットについて詳しく見ていきましょう。

時間に余裕を持てる

まず、断捨離をすることによって時間に余裕を持つことができます。断捨離すると散らかっていた部屋が片付き、ものの把握が可能になるでしょう。すると、「今までどこに何があったか分からない」ようなものでも、時間をかけずに見つけ出せるようになります。
通帳や印鑑、貴重品といった大切なものも「ここにあったのにどこにいったのだろう?」と悩むことはなくなり、探す手間を省けます。また、服も必要なものだけを残して断捨離することで、毎日の服選びに時間をかけることがなくなるため、心の余裕や時間的余裕につながるでしょう。

自分自身の価値観を見つめなおせる

断捨離後の不要物を見てみると、家族や友人、同僚といった周りの人からの影響で購入したものが多くありませんか?例えば、「今の流行りでみんな持っているから私も欲しい」「店員さんからの強い勧めで断れず購入してしまった」「テレビやSNSで話題だから試してみたい!」などです。
自分の価値観に合って購入したものではない場合、使用頻度が低い、大切に扱わないことが多いもの。一方、断捨離後に残ったものたちは「自分が本当に大切にしているもの」「自分の価値観に合っているもの」ばかりです。「自分にとって良いものとは」を改めて考えるきっかけになってくれることでしょう。
生活や人生を豊かに、また自分らしくするためにも、断捨離での選択は大切になってきます。

周囲との関係性が良くなる

断捨離の嬉しいメリットにの一つが、周囲との関係性が良くなること。休日、家族や友人と外出の約束をしていたとします。家を出る直前にカギや財布がどこにあるか分からず家を出るのが遅くなり、約束の時間に間に合わなかった…なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。
他にも、なくしたものを新しく買って来たのに、帰宅後に見つかるなんてことも。部屋に不要なものが散乱していたり、断捨離できず散らかったままの状態だったりする場合、自分自身にイライラするだけでなく、周りに急かされて喧嘩になってしまうケースも考えられます。
しかし、断捨離をしてキレイな部屋を維持することで、探しものに時間を取られず、周囲の人との大切な約束の場に遅れる心配もなくなります。その結果、良好な関係性を築けることにつながるのです。

ストレスの削減!心にゆとりができる

散らかった部屋にいることで、知らず知らずのうちに目から情報を取り入れてしまい、疲労がたまるだけでなく気づかぬうちにストレスになっているなんてことも。目の前に不要なものがあっても、「また今度断捨離しよう」と延ばせば延ばすほど気が重たくなり、進まなくなる傾向があります。そのため、思ったときにすぐ実行するのがおすすめです。
いらないものを断捨離して視界に映る情報を最小限にすることで、ストレスがたまりにくくなるだけでなく、心にゆとりができて精神的に余裕が生まれるでしょう。

お金が貯まる

断捨離を意識した生活を送ることで、お金が貯まりやすくなります。何かものを購入するときは「これは本当に必要か」と自問し、家にあるものの位置を把握できていれば、「あの棚に似たものがあるからこれは必要ない」と判断できるように。
断捨離を意識し、余計なものを買わない生活が続けば出費を抑えられ、いらなくなったものを買取専門店に持って行くことで、臨時収入としてお金を得ることも可能になります。

このように、断捨離は部屋をキレイにするだけでなく、嬉しい効果やメリットが盛りだくさんだと言えるでしょう。

断捨離の本当の意味や効果とは?基本の手順と上手くいくコツを伝授

断捨離を始める場所の順番とは?

いざ、家中の断捨離を始めようと思っても、どの部屋から断捨離すればいいのだろうかと悩む方も多いのでは?そこで、簡単に実践できる断捨離のやり方を、初心者にも分かりやすくご紹介します。

簡単な場所から始める

断捨離を始める部屋の順番は、人によって異なります。リビングから始めたい方もいれば、寝室から断捨離を進めたい方もいるでしょう。簡単な場所とは、自分にとって目につきやすい、気になる場所です。必ずこの部屋から始めないといけないといった決まりがあるわけではないので、自分が片付けたい、断捨離したいと思うところから始めてみましょう。
最初は気がのらない、やる気が出ないなどのマイナスな気持ちから入る方でも、断捨離が進めば「もっと進めたい!」「早く他の部屋も断捨離したい!」という思いが出てくるはずです。断捨離を始める前に自分にとっての簡単な場所を考え、計画的に進めていけるようにしましょう。

目につきやすい場所

自分の気になる場所の断捨離が終わったら、リビングや寝室、キッチンなどの部屋に移動します。比較的目につきやすい箇所から断捨離を進めていくことで、部屋がキレイになるのが目に見えて分かるようになり、断捨離が進みやすくなる傾向に。
一言でリビングと言っても、「リビングのどこから始めたらいいのか分からない」という方は、テーブルの上、テレビ台、ソファー周りなど、目につく細かい場所から始めてみましょう。細かく分けて断捨離を進めることでその場所の片付けのゴールが見え、「この量なら頑張れる!」と前向きになれます。
順調に断捨離していくためにも、細かく小さなエリアに区切って少しずつ確実に進めるのが、成功のカギになるでしょう。

必要なものを収納する場所

簡単な場所、目につきやすい場所の断捨離が終わったら、必要なものを収納する引き出しや棚、クローゼットの中身を片付けていきます。棚の中には、本当に必要なものと不要だけどとりあえず収納しているものがあるでしょう。自分の家にあるすべての棚を想像したとき、「とりあえずここに入れておこう」という場所はありませんか?思い当たる棚や引き出しがある方は、そこから断捨離を始めてみましょう。
収納場所の確保ができると、不要になったものが目に見えて分かるため、自分の頑張り度・充実度・満足度を感じられるようになります。その結果、この後の断捨離も気持ち良く進めることが可能に。収納場所は常にゆとりを持たせることが大切なので、いつでも片付いた中身であるように心がけてください。

断捨離するべきものの順番

部屋に多くのものが溢れている方は、何から断捨離を始めるか考えるようにするのがポイントです。とりあえず目の前のものから始めるのも良いですが、効率良く進めるためにはおすすめの順番があります。早速見ていきましょう。

一目でゴミと判断できるもの

部屋を見渡したとき、明らかにゴミだと判断できるものから断捨離していきます。使用済みの紙くずやレシート、飲み終えたまま放置しているペットボトルなどです。断捨離を始めるときのポイントは、迷う回数を減らすこと。そのため、最初は断捨離のリズムをつかむためにも、目につくごみから仕分けていきましょう。

大量にあるが使っていないもの

大量にあるものの代表的な例が、洋服などの衣類ではないでしょうか。衣類をたくさん持っている方は、似たデザインや色のものを厳選して断捨離します。どれもお気に入りで必要なものだけを選べない方は、特にお気に入りのものや着る頻度が高いものを残しておくなどのマイルールを決めておくと、手際良く断捨離を進めることが可能に。
また、衣類以外にも、ブランドものの紙袋や筆記用具なども断捨離の対象になります。これらも普段使いしている、お気に入りでどうしても手放せないもの以外は、この機会に断捨離するのがおすすめです。「いつか使う日が来るかも…」と思うかもしれませんが、それではいつまでたっても部屋は片付かず前に進めません。ぜひ、この機会に思い切った断捨離に挑戦してみましょう。

1年以上使用していないもの

1年以上使用していないものは、おそらくこれからも必要ではないものです。今後1、2年保管しておいたからといって、使用する確率が上がる可能性は低いでしょう。期間限定で発売されていたレアなものや、なかなか手に入らないもので断捨離するか悩む場合は、一旦保留にして最後に考えるのがポイントです。
一度悩み出したらなかなか次のものに進めず、集中力が途切れてしまうこともあるので、可能な限りテンポ良く前向きに断捨離しましょう。

粗品や貰いもの

洗剤やタオルなどの粗品をはじめ、人から貰った使わないけど置いているものは断捨離します。洗剤やタオルは消耗品のため保管しておくのもいいですが、いつもとは違うメーカーのもので使うのを躊躇する場合や数が多すぎる場合は、収納の場所を取ってしまいます。家族や友人にあげるなどの選択をするのもいいかもしれません。
また、今持っているものの数を把握して、これ以上はストックを作らないなどの決まりをあらかじめ作っておくのもおすすめ。ルールを決めることで、今後ものが増えるのを予防でき、キレイな状態を維持することが可能になります。

壊れているもの

すでに壊れているもの、使えないものは断捨離対象です。「いつか直そう」と置いていたものが長年同じ場所に放置されている、なんてことはありませんか?いつまでたっても家にある場合は、思い切って断捨離してみましょう。
壊れている場合はゴミとして処分してしまうこともありますが、買取専門店へ持ち込めば引き取ってくれる場合もあるので、一度リサイクルショップで査定してもらうのもいいかもしれません。

断捨離を効率良く進めるためのポイント

断捨離を効率良く進めるためのポイントを4つご紹介します。

一度にすべてを断捨離しようとしない、焦らない

一度にすべてのものを断捨離しようとすると、気力や体力をすぐに消耗し、集中力が続かなくなります。また、一度に終わらせようとするためには時間が必要になり、ついつい先延ばしにしてしまうでしょう。
このようなことを避けるためにも、回数を分けて自分のペースで断捨離を進めていくのがポイントです。断捨離する部屋を決めて集中することで確実にものを減らせ、部屋をキレイにできます。

自分のものを手放すことに抵抗感を持たない

「一度手放したら二度と手に入らないかも」と不安になる方もいるかもしれませんが、なくても大丈夫なものは実は多く存在します。人によって必要なもの、不必要なものは異なるでしょう。そのため、自分の心に従って断捨離をするのが、効率良く進められるポイントです。

断捨離するか迷ったら一時保留に

断捨離を進めていくと、残すか残さないか悩むものが必ず出てきます。悩んだときは、急いで結論を出すのではなく、一時保留の期間を設けて後でゆっくり考えるのがおすすめです。結論を急がず、時間を置いてそのものと向き合えば「断捨離をやめておけば良かった…」などの後悔がなくなり、気持ち良く断捨離ができます。

一時保留に期限を設ける

迷ったものは一時保留するのも大切ですが、期限を設けるのも大切なポイントです。期限を設けることで、「結局断捨離が進まず部屋が片付かない…」なんてことを回避できます。
また、時間や日にちがたつと一時保留のことを忘れる場合もあるので、常に目に留まる場所で保管するといいでしょう。

種類別!断捨離のコツ

ここからは、断捨離するときのコツやポイントを種類別に見ていきます。

本や雑誌

本や雑誌を断捨離する際は、「すでに読み終えたか」ではなく「今後読む予定があるか」で判断します。「まだ読んでいないから」「途中で止まっているから」となどの基準で仕分けると断捨離が進まない可能性が。そのため、長期間触れていない本や雑誌に関しては、断捨離していいと言えるでしょう。
本や雑誌は古本屋や買取専門店で買取ってくれることが多いので、処分することに抵抗がある方は一度持ち込んでみるのがおすすめです。

靴やバッグ

靴やバッグは、1年使わなかったら断捨離します。傷や汚れが目立つものやデザインが古いものは、断捨離しやすいのではないでしょうか。また、靴とバッグそれぞれ持つ個数を決めるなどして、厳選したものだけを残すといった方法もあります。
比較的キレイでまだ使えるものは、処分するのではなく周囲の人に譲るなどを考えてみるのもいいでしょう。

洋服

洋服の断捨離は比較的簡単に進むことが多いです。断捨離する目安としては、1、2年袖を通していない、トレンドが変わった、好みが変わったなどの自分で簡単に判断できる基準があるからです。
このほかにも、同じようなアイテムを持っている、似たカラーのものが多くあるなども、断捨離するための判断基準になります。自分で納得できるルールを決めて進めていきましょう。

食器やキッチンアイテム

さまざまな形やメーカー、色合いがある食器類やキッチンアイテムは、ついつい買い過ぎてしまうことも。しかし、その多くは使用頻度が低く、飾っているだけということもあるのではないでしょうか。
食器やキッチンアイテムを断捨離するコツは、自分の趣味に合わないものや使い勝手の悪いものを取捨選択することです。使ってないのにはそれなりの理由があるはず。今一度、本当に必要なのかを確認してみましょう。

書類

書類には、「読んだら捨てるもの」「一定期間保管が必要なもの」「ずっと手元で保管が必要なもの」があります。そのため、一度すべてに目を通す必要があるでしょう。近年、取扱説明書が電子で確認できるものも増えてきています。そのため、本当に自分が必要なものだけを残し、不要なものは断捨離しましょう。紙類がなくなるだけでスッキリした空間が手に入ります。

後悔しないために注意しよう!してはいけない断捨離方法

断捨離後に悔やまないために注意すべき点があります。ここでは、押さえておきたいポイントを詳しく見ていきましょう。

必要・不必要の判断基準を決めておく

断捨離でやってはいけないことの一つに、「断捨離の判断基準を設けない」ことが挙げられます。その日の気分で何も考えず断捨離を進めてしまうと、後悔する場合があります。断捨離に勢いは大切かもしれませんが、判断基準が曖昧だと本当に必要なものや大切なものを捨ててしまうことも。後悔しないためにも、あらかじめ自分なりのルールを設けておきましょう。

思い出の品や買い直しがきかないアイテムは手元に

「断捨離で全部捨てる!」と思い立った方の中には、身辺整理が理由である方もいるのではないでしょうか。最近では、60代はもちろん、40代・50代から取り掛かる方もいるようです。しかし、断捨離や身辺整理で捨ててはいけないものがあります。それは、思い出の品や二度と手に入らないものなどです。例えば、海外で購入した限定のアイテムや思い出の詰まったアルバムといった、一度処分すると手元に戻ってくることがないもの。買い直しのきかないものや捨てて後悔しそうなものは、断捨離の対象にはせずに大切に保管しましょう。断捨離では、本当に捨てるべきものなのか保管したいものなのかの判断が大切になります。

断捨離の前に収納用品を買いそろえない

断捨離を始める前に収納用品を買いそろえるのは要注意です。断捨離前に理想としていた部屋が断捨離後に手に入るとは限りません。また、断捨離後に残ったもののサイズと収納用品の大きさが合わず、新たに買い直しが必要、なんてケースも考えられます。事前に準備して断捨離を始めたい方もいると思いますが、後のことを考えると、事前に収納用品を購入しないのがおすすめです。

いらないものをすべてフリマアプリなどで売らない

近年では、不要なものをフリマアプリで売ることも可能ですが、買い手が見つからない場合、ずっと自宅で保管しなければならなくなります。一つや二つならいいですが、個数が増えてくると部屋は片付かず、断捨離を実感できません。そのため、不要になったものを売却したい場合はフリマアプリではなく、その場で買取ってくれる買取専門店に持ち込むなどの処分方法が良いでしょう。

まだ使えるからと置いていおかない

ものが多い人に共通するのは、「まだ使えるから置いておこう」と保管すること。例えばどこかの社名が入ったボールペンやクリアファイル、質の良い紙袋などです。これらは、自分で個数を決めて管理するのがおすすめ。いつか使える日が来ると思って置いておくと、収納がいっぱいになるだけでなく、部屋が片付かない原因にもなるので注意しましょう。

キレイになった部屋を保つには

断捨離によってキレイになった部屋を保つためにできることとは何があるのでしょうか。詳しくご紹介します。

使用したら定位置に戻す

部屋をキレイに保つためには、使用したら決まった場所に戻すことを徹底するのが大切です。使ったら使いっぱなしでは、せっかく断捨離してもキレイな部屋を保てず意味がありません。小さな子どもがいる場合、キレイを保つのは難しいかもしれませんが、家族で協力して定位置に戻すように心がけましょう。

一つ購入したら一つ処分

すべてのものに共通して言えるのは、何か購入したら古いものを一つ処分する決まりを作ることです。このようなルールを決めておくことで、無駄なものを買うことを事前に防げ、ものを大切にできます。

レンタルできるものは買わない

本やDVD、洋服やカバンなど、レンタルできるものは数多くあります。断捨離した部屋をキレイに保つためにも、ものを購入することを極力控えるのがポイントです。また、本やDVDは電子化されているものもあるので、臨機応変に購入しましょう。

いらないものは処分するか買取専門店に持って行こう

不要なものは、処分する・人に譲る・買取専門店に売るなどの選択肢があります。

断捨離したものを処分する

修理できないものや、誰が見てもゴミにしかならないようなものは処分するのがいいでしょう。しかし中には、自分はゴミだと思っていたものも買い取ってもらえた、譲ったら喜ばれた、というケースもあります。そのため、断捨離で出たごみは全部捨てるのではなく、それ以外の処分方法も検討してみるのがおすすめです。

断捨離したものを友人や団体に寄付する

断捨離していらなくなったものは、友人にあげたり団体に寄付したりするのも選択肢の一つ。団体に寄付するときは、定期的に活動内容が報告されている機関であるかなどを調べ、信頼できる寄付先を見つけるようにしましょう。

不要なものは買取専門店へ売る

家中から出た不要なものは、まとめて買取専門店に持って行くのがおすすめです。ジャンル問わずさまざまなものを一度に査定してくれ、その場でお金となって戻ってくるので、手間がかかることもありません。「これって本当に売れるのかな?」というものでも買取ってくれる可能性があるので、悩んだときは一度相談してみましょう。

家中のいらないものを断捨離してスッキリ!得られる効果を実感しよう

「家中にいらないものが溢れている!」という方は、この機会に断捨離してみましょう。断捨離は部屋がキレイになるだけでなく、周囲との関係が良くなったりストレスが削減されたりと、思わぬメリットもたくさんあります。家中の断捨離となると時間や体力などが必要になるので、自分の中で期限や目安を決めて効率的に進めてみてください。また、不要なものはすべて捨てるのではなく、買取専門店へ持って行くことも検討してみましょう。

不用品は売って
お得に変えてみよう!

断捨離で出た不用品にお困りではございませんか?それをゴミとして処分してしまうのは勿体ないです。エコリングでは不要になったバッグ、服、靴、アクセサリー類などなんでもお買取りさせていただきます。一度買取できるか?いくらになるか相談してみませんか?

エコリングではLINEで簡単に買取相談ができます。ぜひ一度ご相談ください。

LINEで買取相談する

記事を作成・監修したマイスター

TANAKAさん
小さな2人の田中を育てながら、オールジャンルで執筆中のアラフォー世代。趣味はお酒と睡眠。なんでも捨てたがるのに、なぜか片付かない過去の思い出の品とともに暮らしています。

断捨離してミニマリストになりたい!家族が過ごしやすい家を目指そう

ツイートする ツイートする
TOP