エコリング

ブランド品の感動買取ならエコリング

エコラム エコラム

リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信! リサイクル・ライフスタイル・ファッション等、様々な情報を発信!

国内のトレンド

2018.9.5

簡単ハンドメイド!着なくなった服をおしゃれにリメイクしよう

あなたのお家には着なくなった服がどれだけあるでしょうか。自分が昔着ていた服だけではなく、子どもが着ていた服を持っている人もいるかもしれませんね。思い入れのある服を大切に保管するのもいいですが、せっかくならおしゃれなアイテムにリメイクしてみませんか?そこで今回は、初心者でも簡単にハンドメイドできる、服のリメイク方法をご紹介!リメイクにおすすめのアイテムやインテリアグッズなどもまとめました。裁縫が苦手な方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

小物にチェンジ!おすすめのリメイクアイテム

ハンドメイド初心者におすすめのリメイクアイテムは、ポーチやバッグなどの小物です。小物は縫う範囲が狭く、物によっては数時間あれば完成するからです。生地は、デニムでも綿でもOK!ベロアやツイードを使用すると大人っぽい印象になるので素敵ですね。ポーチやバッグの中には、開け口に面ファスナーを使用しているタイプやがま口の金具が付いているタイプがあります。面ファスナーは生地が硬いので手縫いをする場合は、針で怪我をしないように注意しなくてはいけません。一方、がま口は付けるのに「目打ち」という器具を使用し、技術も必要!それらを使わずおしゃれにリメイクするには、カラフルな紐やかわいいボタンなどを使用するといいでしょう。
私は自分の着なくなった柄物Tシャツと無地Tシャツを組み合わせて、1歳の子どものスタイにリメイクしました!スタイは表と裏で柄が異なるリバーシブルタイプと、上下で柄を切り替えたタイプの2種類制作。Tシャツの生地はとても柔らかく、裁断も縫うのも簡単なので、スムーズに制作できましたよ。ミシンを使用しなくても30分程度で作れるのでおすすめです。

インテリアにリメイク!素敵な服をリメイクしておしゃれなお部屋に

お気に入りだったけどサイズアウトしてしまった服やイベントで作成した服など、普段は着ないけどなかなか捨てられない服ってありますよね。そんな思い入れのある服は、ぜひインテリアにリメイクしてみましょう!おしゃれなインテリアにリメイクすれば、タンスの奥にしまい込んでいるよりももっと身近に感じることができますね。何より、飾ってあるのを見るだけでなんだか嬉しい気分になるでしょう。
服で簡単にハンドメイドできるインテリアのおすすめは、ガーランドやクッション!ガーランドは三角にカットした布を並べて縫い付けるだけなので、子どもと一緒に作ることもできます。クッションはいろいろな柄や生地を組み合わせてパッチワーク風にすると、カジュアルなインテリアになりますよ。どちらも直線縫いで仕上げることができるので、ミシンはもちろん、手縫いでも簡単に作れるでしょう。

裁縫が苦手な人でもできるハンドメイド方法をご紹介

服をリメイク!というと針仕事をイメージする人も多いかもしれませんが、リメイクは針や糸を使わなくても可能です。針を使用しない場合は、布用ボンドやグルーガン、超強力両面テープなどを使ってみてはいかがでしょうか。使い方は、糸で縫い合わせる場所に接着材を付けるだけ!これなら、裁縫が苦手な人でも小さな子どもがいる家庭でも安心してハンドメイドができますね。
私は裁縫が苦手なので、布用ボンドを使ってよくハンドメイドしました。私が実際に作ったのは、カットしたデニムの服を、100均のフォトフレームに貼り付けただけのお手軽インテリア。明るさの異なったデニム生地を貼り付けるだけで、アメリカンなインテリアに早変わりしました!
もし、あなたがランプシェードをお持ちなら、ランプシェードのカバーを作るのもいいかもしれませんね。ランプシェードのハンドメイドは、まずシェードの幅にカットした布を用意します。その後、スプレーのりをシェードに吹き付け、布とシェードを貼り付けると完成です。ランプシェードは綿でも素敵ですが、ニットにすると柔らかい雰囲気でフェミニンな印象になりますよ。

サイズアウトしてしまった服や着なくなった服などは、おしゃれにリメイクするとまた再利用することができます。裁縫が苦手でもいろいろとリメイク方法があるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

tweetする
@ecoring38さんをフォロー
シェアする
記事ランキング